教育ローン、リフォームローン

利用することが可能ならばお得な金利でお金を借りることができるのが銀行です。 目的別に用意されていることが多く、住宅ローン、教育ローン、リフォームローン等があります。

教育ローンは進学や学費として使うためのローンとして用意されています。 30万円から500万円程度、学部によっては1000万円までの借り入れが可能で、金利は変動制が多いのですが、2018年現在では3.97%程度になっています。 リフォームローンは、住宅のリフォームや修繕用として用意されています。 おおよそどこでも1000万円まで借りることができ、金利は2%から2.87%程度となっています。

どちらも使用目的についての確認がありますので、目的外の利用はできないと思ったほうがいいでしょう。 目的に合えば低金利で借りることが可能ですが、審査は厳しいですし、ちょっと使い勝手が悪いですね。

目的問わず借りられるプラン

しかし銀行にも利用目的を問わず借りることのできるプランが用意してある場合もあります。 銀行によって名目は違いますが、多目的ローンやフリーローンと呼ばれるものです。

ただし、目的が定まっているローンよりも金利はやや高くなっており、消費者金融で借りるのと大差ないことがほとんどです。 さらに最近では銀行と提携している消費者金融が多く、そちらから借りて欲しいという意向があるのか、多目的ローンを廃止している銀行も多くなっているようです。

このページの先頭へ