住宅ローンと金利

住宅ローンは家を建てる、もしくは購入する際に組むローンです。 銀行や信用金庫等で借りることが可能です。 銀行でお金を借りるという機会があまり無い方でも、住宅ローンでお世話になっている方は多いと思います。

金利のプランは変動、固定、期間限定固定などさまざまあります。 金利は景気の動向に左右され上下するため、どのプランを選べばいいのか判断は難しいのではないでしょうか。 実際に10年前に10年固定を選んでいた場合、変動を選んだほうが安上がりだったという結果になっています。

10年前に比較すると最近は景気がよくなり、金利は高くなっているようです。 東京オリンピックの影響で現在の不動産価格はあがっており、今後は金利も上がっていくと予想されています。

なるべく安く済ませるために

銀行によって様々な特典、特約が用意してあります。 ローン開始直後は金利が安くなったり、貯金残額によって金利が安くなったりなどするため、住宅ローンを考えている方は色々探してみてはいかがでしょうか。

住宅ローンを組んだあとに収支に余裕ができた場合は積極的に繰上げ返済を行うべきです。 最長35年間、ローンを組むことができますが、35年間フルで支払うとなると末期には破綻することが予想されます。 最初から繰り上げ返済をすることを織り込んでローンを考えてください。 早いうちに繰り上げ返済をすると、元本の割合が多くなり、効率よく期間を短くすることが可能です。

このページの先頭へ